本格ミステリー新人発掘「密室は御手(みて)の中」

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

事故によって弱体化した新興宗教『こころの宇宙』。瞑想中の修験者が密室をすりぬけ、山中で発見されたという逸話が数少ない拠り所だった。新たな密室殺人が起きるまでは――

謎解きのポイントは、労力がかかるバラバラ殺人の解体作業をなぜ犯人はしなければならなかったのかという設定です。潜入した雑誌記者の主人公以外の登場人物も推理に参加する中、真相に最初にたどり着くのは誰なのか。

登場人物たちの生き方がぶつかり合う終盤は目が離せません。

光文社主催の長編新人賞として知られる「KAPPA-ONE」。KAPPA-TWOとは、カッパ・ノベルスの新人発掘プロジェクト「KAPPA-ONE 登竜門」を引き継ぎ、「ジャーロ」誌上ではじまった本格ミステリーの小説公募企画です。

選考委員はプロジェクトの出身者である東川篤哉(ひがしがわ・とくや)・石持浅海(いしもち・あさみ)両氏さん。

2016年度の第一期に引き続き、2019年度の入選作品に選ばれたのが犬飼ねこそぎ さんの「密室は御手(みて)の中」です。

【新刊】このミステリーがすごい !2022選考対象作品リスト《国内編》 | 気持ちのスイッチ