ブログを読みやすくする決定打は文字のサイズです

ブログを書いていてふと気づいたんですが、文字が小さい記事って読みにくいですね。

いくら記事を書いて読まれなくては意味はありません。

特に老眼だと、ごちゃごちゃした記事は瞬時に読む意欲が失せます。

それ以上に困るのは見た瞬間、ページを閉じてしまう人が多いのです。これはSEO上良くない傾向です。

プログサイトの平均的な離脱率は40%。人気のサイトほど離脱率は減り滞在時間は長いと言われます。

離脱率が高くなるとブログの評価は低くなります。その結果は収益に響きます。

「実力を磨くよりも、人をスゴイと勘違いさせる”錯覚資産”を作ることが大事」というのはカリスマブロガーのふろむださん。

小さな文字の画面には資産的な価値はありません。

全体の文字サイズを大きくする

では初期画面ではどんな見え方かと言うと、パソコン画面ではこんな感じです。

私の使っているテーマは”ストーク”です。初期設定の表示サイズは17ポイント。

スマホでは合格点かもしれませんがPCでは小さな印象を与えます。

比較のためにキャプチャ画像を乗せたもので、実際のはもう少し見た目は大きく見やすくなってます。

文字サイズを変えてみます。

文字の大きさは22ポイント。たった5ポイント変えただけで格段に印象は変わりました。情報量は減るものの格段に見やすくなったことがわかります。

ポイントサイズを変えるには

サイトに描かれた方法を参考に、フォントの大きさを左右するコードを探します。

[WordPress]文字のフォントサイズを変更する方法 | 何か役に立つかもしれないメモ帳

使用中のテーマのスタイルシート(style.css)から文字のコードに該当する部分をコピーします。

body {
color: #333;
font-family: ‘Lora’, serif;
font-size: 22px;
line-height: 1.6;
word-wrap: break-word;
}

このコードをコピーしてテーマのカスタマイズある「追加CSS」の枠内に貼り付けます。

操作するのは追加cssの部分だけ。スタイルシート(style.css)をいじるわけではないので安心です。

font-sizeの部分にある数字を任意の大きさに変えると全体フォントサイズが変わっていくのがわかります。

気に入ったサイズになったところで「公開済み」を押せば完了。

見た目に読みやすい画面になりました。

まとめ

ブログも人も第一印象が肝心。

読みやすいなと感じたサイトほど固定客がつきやすくなり、結果としてクリック数も上がるのです。

[amazonjs asin=”4478106347″ locale=”JP” title=”人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている”]