巣ごもり特需で注目「あつまれ どうぶつの森」

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

新型コロナウイルスの感染拡大でついに緊急事態宣言が出されました。いつもは人混みで溢れる渋谷周辺も静か。日本経済は落ち込みが避けられそうにないことを実感します。その中で販売が大きく伸びているのがゲーム機の販売です。

SHIBUYA TSUTAYA

SHIBUYA TSUTAYA地下のゲームコーナーには中古ハードのショーケースがあるのですが、在庫はカラ。いつもは陳列されているニンテンドースイッチはずい分前から見当たりません。中古プレステ4ですら在庫が数台。隣接するソフトコーナーでも人気ソフトは品薄のようです。

巣ごもり需要

ゲームが売れる背景にあるのが外出自粛。「ファミ通ゲーム白書」によると2月24日─3月29日の5週間の需要が大きく伸びています。牽引するのはニンテンドースイッチで前年同月に比べて2.8倍、83万台になったそうです。

「あつまれ どうぶつの森」大ヒット

好調なゲームが後押しするのか、攻略本にも関心が集まっています。中でも引き合いが多いのが3月に発売されたスイッチの人気シリーズ「あつまれ どうぶつの森」解説本です。最新作は10日間で約260万8千本を売る大ヒットとなったことから注目されました。

無人島を舞台に、仮想世界に住む動物たちとともにスローライフを楽しむラスボスのいないゲームです。

「たぬき開発」が提供する「無人島移住パッケージ」に参加し、無人島での生活をするためには島全体の知識や暮らしていくための素材が不可欠。そのガイドブックが続々発売されました。

無料の攻略サイトもありますが紙の本の方が便利という人も多いのでしょう。近く発売される攻略本の予約も始まりました。

予約一番人気の本が「あつまれ どうぶつの森 ザ・コンプリートガイド」

島に移住してくるすべてのどうぶつを種族ごとに紹介します。移住初期の彼らの部屋のデザインをはじめ、口ぐせや好きな言葉、行動時間まで、パーソナルな情報が満載です。

あつまれ どうぶつの森 ザ・コンプリートガイド:コミック | KADOKAWA

どうぶつの森の魅力は、いつでもどこでもすきなだけ遊べるイージーさです。仮想空間の中で小銭稼ぎや消費の体験ができるのも魅力です。

意外と気づきませんが背景に流れる効果音もくせがないので聞いていて気分が癒やされます。

書影はありませんがほかにも解説本が出版される予定です。

まとめ

休日の外出自粛要請により、企業のテレワークや自宅学習の動きがしばらく続きます。外に出られない憂鬱を少しでも和らげる気晴らしにもってこいのゲームといえそうです。