人の心に届く本「言語化力 言葉にできれば人生は変わる」【感想】

フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

番組のネタ探しとは情報を探すことだけが目的ではありません。「おやっ」と心に引っかかる存在感を持つ人を探し当てることです。

その早道は本の新刊をさがすこと。情報はツイッターで探すのが早道です。

最近、NewsPicksの出演などで存在感を示す人がいます。

三浦崇宏さん。インタビュー記事を読むと、強い好奇心と頭の回転の速さを持つ人だということを感じます。

言語化力 言葉にできれば人生は変わる

三浦崇宏さんの思考を俯瞰できる本が発売されました。

三浦崇宏さんはクリエイティブディレクター。 The Breakthrough Company GO の代表です。

ケンドリック・ラマーの国会議事堂前駅『黒塗り広告』や、国内外で8つの広告賞を受賞した『WEARABLE ONE OK ROCK』、キングダム『今、一番売れてるビジネス書』キャンペーン……広告の枠を超えたさまざまなクリエイティブで世間の注目を浴び続けています。

「ざっくりいうと、世の中の変化を丸ごと全部応援する会社」と三浦崇宏さんはいいます。

三浦さんが目指すのは 『コミュニケーションで企業や社会の課題を解決し、成長を応援する』ことです。

生き残るものは、強いものではなく、変化し続けたもの

広告がブランドの課題を解決するならば、PRはどうやったらメディアに扱ってもらえるかを考える仕事

ニュースの見出しで語られているものと、売りたいものを組み合わせる

クリエイティビティで事業は成功させることはできる、マーケティング支援ができる

クリエイティビティは貪欲と怠惰の組み合わせで生まれる

NewsPicksなどでゲストトークする三浦さんはとにかく動きます。「とにかくやれよ」という行動力を支えるのが言葉。語録を拾うだけでも元気が湧いてくる本です。

人を動かすのは言葉の力。

言葉は刃のようなもので、常に磨いていないとすぐ錆びてしまいます。