【順位】2020本屋大賞ランキング・ノミネート[感想]

ブクログ通信 2020年本屋大賞ノミネート作品
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

2020年本屋大賞ノミネート作品が発表されました。

全国の書店員が選ぶ賞ですが、私がお手伝いしている書店は投票権がなかったようで、「ギャラリーとして参加します」とのこと。

ノミネート朔には第162回 直木賞受賞作の「熱源」が入っています。

ちなみに一押しを聴いたところ、話題のミステリー 「medium霊媒探偵城塚翡翠」。理由を聞くと、本屋大賞作品は映画化されることも多いので、頭の中に映像が浮かぶ作品が高評価を得るからだそうです。

大賞の発表は4月です。

ノミネート作品

線は、僕を描く

  • 水墨画というマイナーな世界に光を当てた作品。その奥深さに引き込まれます
  • 主人公の喪失からの恢復が花が蕾から咲くような心が豊かになるような物語
  • 結構刺さる言葉も散見
created by Rinker
¥1,650 (2020/02/26 17:16:10時点 楽天市場調べ-詳細)

店長がバカすぎて

  • 書店を舞台にした作品です。多くの書店員が共感するエピソード満載
  • ハートウォーミング・ドタバタコメディ
  • 本好きは他人の気持ちを想像できる人が多い
created by Rinker
¥1,650 (2020/02/26 17:16:10時点 楽天市場調べ-詳細)

夏物語

created by Rinker
¥1,980 (2020/02/26 17:16:10時点 楽天市場調べ-詳細)

熱源

created by Rinker
¥2,035 (2020/02/27 11:28:12時点 楽天市場調べ-詳細)

ノースライト

created by Rinker
¥1,980 (2020/02/26 22:28:20時点 楽天市場調べ-詳細)

むかしむかしあるところに、死体がありました。

ムゲンのi

  • 医療を通して人の心を救う医師でもある作家の作品
  • 本屋大賞候補の常連さんになりつつある作家さん
  • ファンタジーと現実の医療ミステリーが上手に融合した作品
created by Rinker
¥1,540 (2020/02/27 11:28:13時点 楽天市場調べ-詳細)

medium霊媒探偵城塚翡翠

created by Rinker
¥1,870 (2020/02/27 02:31:15時点 楽天市場調べ-詳細)

ライオンのおやつ

  • 末期ガンで余命宣告受けた主人公が 1日1日を丁寧に生きていく物語
  • それぞれのゲストのおやつという切り口が新鮮 
  • 楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しくなる
created by Rinker
¥1,650 (2020/02/27 11:28:13時点 楽天市場調べ-詳細)

流浪の月

  • 女児誘拐事件の犯人と被害者の二人 事実とは違う真実 主人公の二人に祝福を
  • この木はハズレね-あっさりと引き抜かれて捨てられたトネリコ 疎外された者の痛みが心に響く
  • 登場人物の造形がしっかりとしていて、脇役も印象に残る作品
created by Rinker
¥1,650 (2020/02/26 17:16:11時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

知り合いの書店員は、「線は、僕を描く」と「ライオンのおやつ」が一押しだといいます。すでに賞をとった作品と、映像化できそうな内容から推測するとこうなるのだそうです。

何を読んだらいいか本が多すぎてわからない。そんな悩みを持つ人が増えています。その解決策の一つは、大勢の人が勧める本をまず選ぶこと。

気に入った本が見つかったら、そこから著者やテーマを絞って読むことです。

いきつけの書展があり、書店員と顔なじみになったら売れてる本を聴いてみるのも手です。