【2021】手塚治虫文化賞「マンガ大賞」候補9作品はこれだ

手塚治虫文化賞
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

日本のマンガ文化の発展、向上に大きな役割を果たした手塚治虫氏の業績を記念し、志を継いでマンガ文化の健全な発展に寄与することを目的に、同社により1997年に創設された漫画賞。その候補作品が発表されました。

選考年の前年に発行され、読者・選考委員から推薦された単行本が対象です。

候補作品

  • 『青野くんに触りたいから死にたい』
  • 『かしこくて勇気ある子ども』
  • 『鬼滅の刃』
  • 『呪術廻戦(かいせん)』
  • 『葬送のフリーレン』
  • 『薔薇(ばら)はシュラバで生まれる【70年代少女漫画アシスタント奮闘記】』
  • 『ペリリュー ―楽園のゲルニカ―』
  • 『約束のネバーランド』
  • 『ランド』

青野くんに触りたいから死にたい

かしこくて勇気ある子ども

鬼滅の刃

呪術廻戦(かいせん)

葬送のフリーレン

薔薇(ばら)はシュラバで生まれる【70年代少女漫画アシスタント奮闘記】

ペリリュー ―楽園のゲルニカ―

約束のネバーランド

ランド

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。