何もない方が動きやすい「モノが少ないと快適に働ける 」

モノが少ないと快適に働ける
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

「仕事の量は完成のために与えられた時間を満たすまで膨張する」とはパーキンソンの法則。自分の時間を作るためには限りある至言を有効に使う決意と信念が必要の用です。断捨離を極めた人からアイデアを盗みましょう。

モノが少ないと快適に働ける

紙類の流れをつくる、デスクのコックピット化、ミニマリズム的時間管理ほか、仕事がはかどる日々の習慣。デザイナーが経験から生み出した究極の仕事空間の作り方。

「デスクの上に何もないほうが何かを生み出そうとする。モノがありすぎると生み出そうとする気になれない」最先端を行くデザイナー、佐藤可士和さんの言葉です。

人は隙間があるとそれを本能的に埋めようとする習性があるので、モノを整理するための収納ボックスを不用意に作ると片付けに失敗します。快適最小限を実践する上で意識するのは「ためずに流れを作る」「器のサイズを意識する」ことです。

モノがないというのではなく、モノがないという空間を作ること。削ぎ落とすことで、本質の部分がクッキリと浮かび上がり、集中できるようになります。

デザイナー・土橋正さんの仕事場は視界を遮るモノを極端にそぎ落とした簡潔なもの。そのパフォーマンスを支えるのが土橋さんが長年かけて見つけ出した優れものの事務機です。

リーガルエンベロープ ポスタルコ

カバンの中の書類がクシャクシャになってしまわないように、A4サイズがゆったり入る書類入れを作りました。ノートパソコンも収納できます。日本製。

リーガルエンベロープ – POSTALCO

panta 書類立

Amazon.co.jp: 12°のブックエンド パンタ Tilted 12degrees Bookstand PANTA: ホーム&キッチン

角度が12度付いており、本立てなのですが、書類も立ちます。「本や書類が倒れない」のがポイントです。会社のデスクに置いてスッキリしています。

スケッチブックウス点2F 月光荘

楽天市場】月光荘画材店スケッチブック2F(ウス点・イロ・特アツ):CDC general store

罫線ではなく、図案の邪魔をしない点入りのスケッチブックは松下電器創業者の松下幸之助氏の依頼によって出来た逸品です。1センチ四方に印刷されている淡い青点は、コピーしても感光せず、建築家やデザイナーなどにも大人気。 後ろから使っていくと下のページに描いたものが少し透けるので、 トレースして使うこともできます。


スキャンスナップs1500

ScanSnap S1500の使い方~スキャンの様子 - YouTube

はりトルPro サンスター文具

サンスター文具 はりトルPRO 4765800|カウネット

機能と耐久性を追求したプロ仕様!10号針も3号針も紙を痛めずに針を外せます。

ツールスタンド カール事務器

カール事務器 ツールスタンド

SLF1mini ゼブラ

Amazon | ゼブラ 油性ボールペン SL-F1mini BA55-BK 黒 | 油性ボールペン | 文房具・オフィス用品

ボディが伸縮し、使わないときはコンパクトに持ち歩くことができます。全長84mm/107mmだから手帳やバッグのポケットなどで携帯しやすいショートスリムボディ―です。

この投稿をInstagramで見る

#読書のアウトプット #モノが少ないと快適に働ける #土橋正 こちらの本、春に図書館で出会い どうしても手元に置いておきたくて この度、わが家に仲間入り♪ 必要最小限ではなく、 快適最小限という表現がとても好きです♪ 他人軸に引っ張られそうな 「要・不要」の判断。 『快適最小限』だと、 自分軸で快適かどうかで モノを選別できる気がします。 書類整理、デスクまわり、時間管理 どれも参考になります! お仕事をされていない方にも 家庭内の書類整理などのヒントになる 素敵な本だと思います♪ #必要最小限 #快適最小限 #モノの選別 #他人軸 #自分軸 #書類整理 #時間管理 #デスクワーク #ライフオーガナイズ #ライフオーガナイザー #ブログも書いています

らしく_Miharu Takashino(@rashiku.kurashi)がシェアした投稿 –

机の上のモノを減らそうと思います。本を読んでいいなと思った事は、すぐ取り入れます。ちょっとした変化が楽しいから。

プロジェクトのチャンクダウンの仕方 参考になります。なるほどなあ。工程に分けてひとつずつ潰して行くのは、モチベーションも維持できそうです。

土橋正さん

ステーショナリーディレクター、商品企画コンサルタント。文具の展示会「ISOT」の事務局を経て、土橋正事務所を設立。商品企画・PRのコンサルティング、文具売り場のディレクションを行う。自ら発行する文具ウェブマガジン「文具で楽しいひととき」では、文具コラムをはじめ、海外の文具展示会レポートなど様々な情報発信を行っている。