「わたし」と平成 激動の時代の片隅で