人を救う天使ではない「ミカエルの鼓動」

ミカエルの鼓動
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

「ひとは神にはなれない。なってはいけない」大天使・ミカエルの警告です。
その名前の意味は「神に似た者」天使の中でも神に最も近い存在として崇拝され、「天使の中の天使」とされています。
その名前をとった最先端の手術支援ロボットをめぐる疑惑を縦糸に、人間が生きる意味を横糸に織り込んだ作品です。

警察とかヤクザ小説を書かせたら右に出るものがいない作家・柚月裕子さん。
18冊目の作品は骨太の社会派医療ミステリの秀作でした。
医療の在り方をめぐって反目し合う二人の主人公。
手段こそ違うものの、患者を助けたいという目的はふたりとも変わらない。

手術支援ロボットのミカエルを推進する大学病院。
ミカエルでの高度な技術を持つ心臓外科医西條とミュンヘンから赴任した従来の手術で天才的な腕を持つ真木。
この2人の医師の生い立ちや信念を織り込みながら、医療のあり方、命の尊厳を問う医療ミステリー。