所有から体験へ「2025年、人は「買い物」をしなくなる」

2025年人は買い物をしなくなる
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

「欲しいものが、欲しいわ」とは、今から32年前、糸井重里さんが西武百貨店のポスター用につくったキャッチコピーです。

ものが溢れるこの時代、買い物とはなんだろう。私たちはずっと物を買うことに悩んできました。

その悩みをいったん堰き止めて俯瞰した消費のガイドブックです。

2025年、人は「買い物」をしなくなる

見渡してみると、世の中にものは溢れるほどあります。

買い物をしなくなるというのは、欲望が消え去るという意味ではありません。

ものが多すぎて、主体的に選ぶことすら面倒になっているのが今という時代の特徴です。

これからの消費者は、「企業からモノを買う」「店でモノを買う」という意識が薄れていく。その代わりに、「人からモノを買う」ということが増える。

何を買っていいか分からないということは一種の飽食。情報の満腹感を引き起こします。わざわざ所有しなくても、利用できればいいという価値観がうまれます。

さらに一歩進むと選ぶ、探すも時間の無駄と考えるようになります。自分が欲しいモノを選ぶという感覚が失われます。

それでも人間が生きていけるのはサービスを支える通信やテクノロジーです。

テクノロジーに支えられたシェアリングサービスやサブスクリプションサービスはさらに発達しAIが選んだ物が自動的に送られてくるのです。

私たちは送られてきたサービスをお金を払って利用するだけ。つまりものを買わなくなります。

そこには今から32年前に「欲しいものが、欲しいわ」とつぶやかれた「渇き」の姿はありません。

技術の進歩の過程で新たに見直されることは多いだろう。その最たるものは、「人とのつながり」だ。

この投稿をInstagramで見る

2025年、人は「買い物」をしなくなる。。📙望月智之 *** 〜アウトプットへん〜 💡 💡買い物は「自分で選ぶ」という形からAIが勝手に探して届けてくれる時代へ 💡「わざわざ行く価値がある」という店舗だけが生き残る→ECでは体験は出来ないため。 💡スマホにより四六時中、情報と繋がっている状態→常にスマホに時間を奪われている感覚=忙しいという体感に。 💡デジタルシェルフにより、2つの変化が起こる。 ①データドリブンによりAIを活用して必要なものが自然に届くようになる。 ②自分の意志ではなく、他人の意見により商品を購入するようになる。 💡これからは「企業、店からモノを買う」ではなく、インスタ、YouTubeなど「人からモノを買う」 時代に。 …などなど😌 次世代ネットワーク5Gの時代には、買い物は”能動的にする”ものではなくなるのかもしれない…‼︎😮 *** #2025年人は買い物をしなくなる #望月智之#デジタルシェルフ#ビジネス書#読書#読書記録#読書日記#読書女子#本好きと繋がりたい #ビジネス書好き#ほんすたぐらむ

book&music(@yuukatun)がシェアした投稿 –

まとめ

シェアリングエコノミーやサブスクリプションといった新しいサービスについて解説された本は数多あります。

新しいサービスを消費する私たちの前にどのような未来が待っているのか、この本からその姿が垣間見える気がします。