首都封鎖の予言の書「首都感染」

首都感染
フルタニ
こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。暇を見つけては書店のお手伝いをしてます。

放送局の仕事は基本日本語です。はやり言葉は周回遅れで使うのが普通で、わかっていても自分から使うことはありません。ヨコモジも同様。わざわざ英語で言わなくても、クラスターは「集団感染」、オーバーシュートは「感染爆発」、ロックダウンは「都市封鎖」で言い換えられます。

クラスターを日本語でタイトルにした今から10年前書かれたサスペンスに注文が殺到。品切れになりました。

10年前の予言「首都感染」

内容

二〇××年、中国でサッカー・ワールドカップが開催された。しかし、スタジアムから遠く離れた雲南省で致死率六〇%の強毒性インフルエンザが出現! 中国当局の封じ込めも破綻し、恐怖のウイルスがついに日本へと向かった。検疫が破られ都内にも患者が発生。生き残りを賭け、空前絶後の“東京封鎖”作戦が始まった。

評論家の栗原裕一郎さんが東京新聞の書評欄で「パンデミック考」として紹介したことから脚光を浴びた本です。版元の講談社は”異例の対応”で急遽1万部増刷したそうですが、行きつけの書店でもかなりの客注が寄せらたと聞きました。

それもそのはずです。小説の中では、航空機で帰国した人たちのホテルへの隔離や学校の一斉休校、人気遊園地の休園など、現実に起きた出来事が克明に描かれているのですから、誰が見ても気になります。

反響

この投稿をInstagramで見る

. . . これ、予言の書⁈ . . . SARSの後、2010年に描かれたそうですが、 発生状況、某国の体制、ウィルスの性質、潜伏期間、 感染の広がり方、対策方法… SARSよりも今の新型コロナウイルスの方が酷似してるやん! . . . 首都圏や空港封鎖、致死率はあくまでも物語的な設定でしたが ウイルスに関しての記述はゾッとするぐらい似てる…😱 近頃の報道を見ていると 大都市圏でも小説のような都市封鎖も起こり得るのでは…⁈ . . . 世界中の科学者や、WHO、政治家、官僚がどのように動き、 連携して拡大を食い止めようとしているのかは へぇ〜っと勉強になりました。 現実においても、きっと今も、 新型コロナに対して必死に戦っている 多くの名も無き人々がいるはず。 . . . 作中での主人公の医師の言葉 『なんとしても生き残ること。それを目指すだけです』 が印象的でした。 . . . #首都感染 #高嶋哲夫 #パンデミック #新型ウイルス #この頃postサボってごめんなさい #本 #本が好き #本好き #本好きな人と繋がりたい #本読みタイムは至福の時間 #小説 #小説が好き #小説好き #小説好きな人と繋がりたい #読書 #読書メモ #読書記録 #読書が好き #読書好き #読書好きな人と繋がりたい #読書タイム #活字中毒 #四十路働き蜂の本読みライフ

咲月(@satsuki.may_bookshelf)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

200326 #首都感染 #高嶋哲夫 #講談社文庫 . ジュンク堂の文庫の棚に大量に陳列されていたので 時期が時期だけに一瞬、手に取るのを躊躇したけど、 とりあえず読んでみることに。 . 10年前の2010年12月刊行なのに、 今の状況と酷似してて、予言レベル‼️. しかも発生元は中国…やっばそこか💦。 . この作品は 強毒性(致死率60%以上)の H5N1型鳥インフルエンザがヒト・ヒト感染し、 世界中に蔓延する話だけど、 今回のコロナが 強毒性じゃなくて本当に良かった~と 思えるくらい悲惨な状況で まだ読み進めてる途中なので いったいどうやって収束していくのか 興味津々。 . 前回の新型インフルエンザはあまり 広範囲に広がらず、 SARSやMERSを対岸の火事くらいにしか見てなくて、 今まで危機感の薄かった我々に 今回のコロナでガツンと一発食らわされた感じ。 . 日本は島国だから これまで色々と免れて来たこともあったけど、 これだけ世界中から✈️が飛んできて 人の行き来が激しくなってきた世の中、 自然災害に限らずこういう疾病的なものも 今までとは違う想定をして行かなきゃ これからは対処していけないんだろうな…。 . #読書 #読書記録 #本好き #読書好き #読書好きな人と繋がりたい #本好きな人と繋がりたい #reading #book #books #📖 #miccabookshelf

min.na(@min.nina.min)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

#高嶋哲夫 著 「#首都感染 」を読んでいる 致死率60%のウィルスが中国から全世界に瞬く間に広がった まさに今の世界の状況、(もちろん致死率は違うけれど) 中国の隠蔽体質、政治忖度のWHO、日本はどう挑むのか!政治家の判断は! 2010年に書かれたこの本 本から目を離し、テレビやネットで#コロナ のニュースを見る また本に目を戻す どちらの世界のことだったか、フト混乱する事も😱(歳のせい?) 高嶋哲夫氏の本は始めて手に取ったが、読みやすい #還暦#60代#アラ還#老後#生き方#考えたこと#記録#犬と猫#癒しの時間#癒しの場所#シンプル#断捨離#ミックス犬#チワックス#読書#読書記録

tonmaru(@tonmaru9)がシェアした投稿 –

この投稿をInstagramで見る

#高嶋哲夫 著 「#首都感染 」を読んでいる 致死率60%のウィルスが中国から全世界に瞬く間に広がった まさに今の世界の状況、(もちろん致死率は違うけれど) 中国の隠蔽体質、政治忖度のWHO、日本はどう挑むのか!政治家の判断は! 2010年に書かれたこの本 本から目を離し、テレビやネットで#コロナ のニュースを見る また本に目を戻す どちらの世界のことだったか、フト混乱する事も😱(歳のせい?) 高嶋哲夫氏の本は始めて手に取ったが、読みやすい #還暦#60代#アラ還#老後#生き方#考えたこと#記録#犬と猫#癒しの時間#癒しの場所#シンプル#断捨離#ミックス犬#チワックス#読書#読書記録

tonmaru(@tonmaru9)がシェアした投稿 –

作家

著者の高嶋哲夫1)日本原子力研究所(現日本原子力研究開発機構)の研究員を経て米カリフォルニア大に留学。帰国後、執筆活動を始め、米国で暮らす日本人の姿を描いた「帰国」で1990年に北日本文学賞を受賞。94年、米国の核問題をテーマにした「メルトダウン」で小説現代推理新人賞を受けた。「M8」「首都崩壊」など著書多数。慶応大大学院修了。産は、医学者ではありませんが科学の世界で生きてきた人なので事実に基づいた表現にこだわっているところがリアルさに繋がっているのでしょう。

『ものを怖がらなすぎたり、怖がりすぎたりするのはやさしいが、正当に怖がることはなかなかむつかしい』と言ったのは寺田寅彦ですが、同じような視点が作中に貫かれています。

「敵はウイルスです。決して、姿の見えない怪物ではありません」作中で活躍する内科医は語ります。

バッドエンドを迎えるのは物語の中だけにして、人類の英知を集結してハッピーな結末を切り開きたいものです。

「このような状況の中で増刷することに複雑な思いもあります」と前置きした上で「『首都感染』は、ウイルスがどのように感染していくかを知ることのできる作品です。多くのデマ情報も飛び交う中、一つの心の準備として、ぜひ手に取っていただけたらと思います」 https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17909535/

作家・高嶋哲夫(Hollywood Project)さんの投稿 2020年3月3日火曜日

高嶋哲夫オフィシャルページ

References   [ + ]

1. 日本原子力研究所(現日本原子力研究開発機構)の研究員を経て米カリフォルニア大に留学。帰国後、執筆活動を始め、米国で暮らす日本人の姿を描いた「帰国」で1990年に北日本文学賞を受賞。94年、米国の核問題をテーマにした「メルトダウン」で小説現代推理新人賞を受けた。「M8」「首都崩壊」など著書多数。慶応大大学院修了。