【順位】このミステリーがすごい!2018年

ミステリーの季節です。

別冊宝島のミステリー小説の年間ランキングを掲載した「このミステリーがすごい!2018」。

【国内編】ベスト10作品です。




1「屍人荘の殺人」今村昌弘 著(東京創元社)

webミステリーズ
本格ミステリを牽引する新たなる旗手、衝撃のデビュー『屍人荘の殺人』|今月の本の話題|Webミステリーズ!

2「ホワイトラビット」伊坂幸太郎 著(新潮社)

レビュー
星座のような籠城劇〈伊坂幸太郎『ホワイトラビット』刊行記念特集〉 | レビュー | Book Bang -ブックバン-

3「機龍警察 狼眼殺手」月村了衛 著(早川書房)

4「ミステリークロック」貴志祐介 著(KADOKAWA)

5「いくさの底」古処誠二 著(KADOKAWA)

6「狩人の悪夢」有栖川有栖 著( KADOKAWA)

カクヨム
『狩人の悪夢』ネタバレありレビュー – この「本格ミステリ」が読みやすい!(庵字) – カクヨム

7「遠縁の女」青山文平 著(文藝春秋)

8「かがみの孤城」辻村深月 著(ポプラ社)

著者に訊け
【著者に訊け】辻村深月氏 傑作長編『かがみの孤城』│NEWSポストセブン

9「盤上の向日葵」柚月裕子 著(中央公論新社)

著者インタビュー
インタビュー:新刊「盤上の向日葵」一手一手に人間ドラマ – 毎日新聞

10「開化鐵道探偵」山本巧次 著(東京創元社)

著者インタビュー
山本巧次『開化鐵道探偵』刊行記念 スペシャルインタビュー|今月の本の話題|Webミステリーズ!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。