熊本の橙書店のこと

熊本主義者は先刻ご承知と思います。

新聞記事で見てすごいなあと思いました。

熊本にある「橙書店」という書店です。


熊本地震:3カ月 「橙書店」被災と復興の物語 文学の拠点、守りたい – 毎日新聞

繁華街に近い古びたビルの2階に、田尻久子さん(48)という女性が2001年に開いた書店です。

街で見かける小さな書店は古書店が多いのですが、この店は新刊本を扱っています。

壁一面に並んだ本はおよそ千冊。出版社から直接購入したものが大半というから驚きです。

書店のしくみをよく知っている人はわかると思います。書店に並ぶ本は出版社に返品が効くため、ぶっちゃけ売れなければ引き取ってもらえば書店側の腹は痛みません。これを委託制度と言います。しかし、この書店のように買い取ってしまうと委託配本ではないので売れなかったからといって返品できません。

さらにこの書店では、独自に人文芸誌を発行したり、店内で講演会はひらくはと自由気まま。やりたい放題といいます。

そのパワーがすごいのです。

今でこそ、書店と小売の融合は選書家でブックディレクターの允孝さんや、蔦屋書店の取り組みなどで広がりを見せていますが、小売店の試みとしては気になる存在です。

震災直後に池澤夏樹も駆けつけたという筋金入りの書店。

こうした人が地域の文化を支えているのだなあと感心します。