老後破産を避けるには自助努力しかありません【国はあてにならない】

こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

自分の生活設計は棚に上げて毎日を過ごしていたツケが周り、定年後の年金を聞いて卒倒しかけた記憶があります。

その記憶が蘇った本。なんと!年収800万円でも足りないとは ! 書名を聞いてびっくりです。

老後破産しないためのお金の教科書

老後破産しないためのお金の教科書―年金・資産運用・相続の基礎知識

【いま、日本人が一番心配している問題にズバリ答える一冊】
年収800万円でも危ない! 1億総「老後危機」時代を迎えつつある今、老後の不安から身を守るために知っておくべき知識と対策とは? 定年後、お金に困らないためのポイントをやさしく解説する。

老後の備えはいくらあればいいのか。騒ぎのきっかけとなったのがこの報告書です。(お役所の書類にしては読みやすく、問題点が整理されています)

金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書

「金融審議会市場ワーキンググループ報告書高齢社会における資産形成管理」の画像検索結果
高齢社会における資産形成 https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/tosin/20190603/01.pdf

金融庁の「老後資金2000万円不足」報告書とされるもので、2,000万円蓄えがないと老後の生活は立ちゆかないと騒ぎになりました。

一読するとわかるのは、老後の資産運用に対する理解促進をはかるのが報告書の主たる目的であることです。2,000万円不足というのは、なぜ資産運用が必用なのかという疑問に答えるために用意された根拠です。

報告書では、資産運用の促進の弊害となっている、金融商品の現状を批判しながら少子高齢化が進む日本社会のありように警告を発しています。資産形成に自助努力をしなければならないという当たり前のことを提言したに過ぎません。

読みすすめると見えてきたのが、金融商品をめぐる不安です。例えば投資信託などを買う際に私がよく耳にしたのが「銀行が薦める投資信託は買うな」という話です。

投資信託を買うとは信託手数料という費用がかかります。私はネット証券の安い料率の商品を利用していますが、私の勤め先の役員は銀行に勧められるまま高い手数料の商品を買ってしまったとぼやいていました。

これ以外にも投資した資金の一部を切り崩し、あたかも儲けの配当であるかのように誤解させる投資信託もあります。タコが足を食べるようなリスクを金融機関の担当者はあえて口にしません。

貯蓄から投資へという新しい流れを選ばざるを得ない昨今、情報弱者である高齢者の弱みにつけ込む金融機関も存在するのです。

老後破産に備える啓蒙書を開く前に、報告書を一読すると年金そのものの不安と、自助努力の背景にある不安という二つの問題を理解することができます。

週刊東洋経済

2019.06.22号 Review

  • 暴君:新左翼・松崎明に支配されたJR秘史
  • 平成金融史
  • 教えない授業

暴君:新左翼・松崎明に支配されたJR秘史

この作品は国鉄民営化に「コペルニクス的転換」といわれる方針転換により全面的に協力し、JR発足後は組合にシンパを浸透させて巨大な影響力を持った男・松崎明の評伝であり、複雑怪奇な平成裏面史の封印を解く画期的ノンフィクションである。

平成金融史

昭和末期に拡大したバブル経済は、平成の幕開きとともに崩壊した。不良債権問題で多くの金融機関が行き詰まり、一九九七~九八年には北海道拓殖銀行、山一証券などが経営破綻。金融システムは壊滅寸前に至った。その後も混乱は続き、二〇〇八年にはリーマン危機に直面するなど、日本経済は長期停滞にあえぐ。金融当局は当時どう考え、何を見誤ったのか。キーパーソンによる貴重な証言を交え、金融失政の三〇年を検証する。

教えない授業

これからますます求められる「主体的に学ぶ力」はどうすれば伸ばせるのだろう?効果抜群の学習スタイルとして幅広い学年・教科、さらにはビジネス界にも広がり始めた「対話型鑑賞」の入門書。