ゲームをスポーツと呼ぶことに違和感を感じたとき開く本はこれだ

こんにちは。フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

映像メディアの進化は新しい機材やシステムの登場とともに大きくかわります。仕組みやルールが変わると新しい見せ方もまた登場するので、放送関係者は機材周りの変化に敏感です。

1億3000万人のためのeスポーツ入門

最近は、映像メディアそのものが放送や通信の枠を超え、さまざまなものと融合していくので追いかけるだけでも大変です。今日の一冊は、これから普及するであろう「eスポーツ」の世界を、関係者の解説をもとにまとめた入門書です。

1億3000万人のためのeスポーツ入門

日本ではテレビゲームと説明した方がわかりやすい「eスポーツ 」。エレクトロニックスポーツの略です。

日本ではゲームセンターの奥に設置された対戦型の格闘ゲームやスポーツゲームといったイメージしかありませんが。世界では大規模なイベントやテレビ中継で多くのファンを獲得するメジャーな競技としてとらえられています。

プロのプレーヤーも誕生

ゲームのプレーヤーは、スポーツ選手さながらにトレーニングを積み、合宿を通じてチームプレーを学び技を磨きます。競技者は世界中に広がり、賞金で生計をたてるプロのプレーヤーも誕生しています。

サムライゲーマー
~賞金5億円 世界に挑む若者たち~

携帯ゲームやテレビゲームが普及した日本ではメジャーな存在ではありませんが、アメリカや韓国などではプロスポーツ並みに普及していて、競技人口の幅も広がっています。

サムライゲーマー
~賞金5億円 世界に挑む若者たち~

【静止画】サムライゲーマー~賞金5億円 世界に挑む若者たち~ チームRampage | モノよりヒト

この本はeスポーツの最前線で活躍する、ゲームアナリスト、Webメディア運営者、選手、チームオーナー、TVプロデューサー、弁護士、コンテンツプランナー、起業家といった異なる立場の視点から eスポーツの 全体像を俯瞰した解説書です。live(りべ)1)1989年生まれ。プロゲーマー。ぷよぷよJeSU公認プロライセンス保持者。コミュニティ全国大会である列強争覇戦の企画に参与、並びに優勝したことから「覇王」の異名をとる。EVO2018のぷよぷよテトリス大会にて、ぷよぷよ部門とスワップ部門の2分野で優勝。実況解説も手掛ける他、ゲームや選手の魅力やプレイヤー視点でのeスポーツ業界への意見を綴るブログ「清濁のるつぼ」を運用。西谷麗(にしたに・うらら)2)1988年生まれ。株式会社Wekids、及び株式会社Rush Gaming代表取締役社長。英国系ソーシャルゲーム会社のPlayfishにて、日本支社立ち上げの第一号社員として参画。プロダクトマネージャー、ゲームプロデューサー、データアナリスト等を経て独立。2014年にゲーム系マーケティング会社Wekids創業、2018年にeスポーツチームマネジメント会社Rush Gaming創業。但木一真(ただき・かずま)3)1985年生まれ。ゲーム業界/eスポーツ業界のアナリスト。カドカワ株式会社にてゲーム業界のマーケティング分析業務に従事。総務省より公表されている『eスポーツ産業に関する調査研究報告書』を執筆したことをきっかけに、eスポーツ業界の専門家としてさまざまなレポートを発表。2019年4月よりフリーランスとして活動をはじめ、eスポーツ業界に関する記事執筆、コンサルティング、イベント・コンテンツのプロデュース業務を行っている。

eスポーツの可能性

注目すべきはTVコンテンツとしてのeスポーツの可能性が、風営法、刑法、景表法以外の法律的な課題などの競技を支える構造にまでひろげて論じられていること、業界を支えるキーマンが誰なのかが分かることです。

中心人物を押さえておけば取材を広げていくことができるので取材者にとっても役に立つナビゲーターといえそうです。

1億3000万人のためのeスポーツ入門
但木一真, 謎部えむ, live, 西谷麗, 佐々木まりな, 松本祐輝, 高木智宏 and NTT出版
¥ 1,760
Amazon.co.jp

週刊エコノミスト

2019.05.28号が紹介した話題の本

  • 仮想通貨時代を生き抜くための「お金」の教科書
  • 本当にわかる世界経済
  • 他力の哲学: 赦し・ほどこし・往生
  • 京大的アホがなぜ必要か カオスな世界の生存戦略

仮想通貨時代を生き抜くための「お金」の教科書

価格の乱高下だけが注目されがちな仮想通貨ですが、実は、金融市場のみならず、私たちの生活さえも、大きく変えていく可能性を秘めた存在なのです。本書では、仮想通貨登場までの「お金」の歴史を振り返り、「お金」の本質を明らかにしたうえで、仮想通貨がこれまでの「お金」の概念を大きく変えていく時代(仮想通貨時代)にあって、私たちはどのように「お金」と向き合っていくべきなのか? また、私たちが経済的な豊かさや自由を、どのように実現していくべきなのか? など、「お金」にまつわる様々な疑問について、かつて日本銀行政策委員会審議委員として金融市場の表も裏も知り尽くした著者が、わかりやすく指南します。

本当にわかる世界経済

先進国の賃金はなぜ伸び悩んでいるのか?関税を課せば貿易赤字は解消できるのか?移民に反対するのは得策か?新進気鋭のエコノミストが統計データにもとづき世界経済を読み解く。

他力の哲学: 赦し・ほどこし・往生

法然、親鸞、一遍の信仰の生成を、生/死を超える万人救済の教えとして問い直す――詩人思想家がその生のすべてを賭けた「廻心」の書

京大的アホがなぜ必要か カオスな世界の生存戦略

知の根幹が揺らいでいる。背景には、学問に対する社会の無理解・誤解・偏見があるのではないか…。現代人は何でも予測できると思いたがる。しかしながら、自然界は予定調和ではなく、予測不可能なカオスであり、生き延びるには「非常識なアホ=変人」が必要なのだ。「変人講座」が大反響を呼んだ「もっとも京大らしい」京大教授が、カオス理論やスケールフリーネットワークといった最先端の理論から導き出した驚きの哲学と「アホ」の存在意義、育て方を披瀝する。

References   [ + ]

1. 1989年生まれ。プロゲーマー。ぷよぷよJeSU公認プロライセンス保持者。コミュニティ全国大会である列強争覇戦の企画に参与、並びに優勝したことから「覇王」の異名をとる。EVO2018のぷよぷよテトリス大会にて、ぷよぷよ部門とスワップ部門の2分野で優勝。実況解説も手掛ける他、ゲームや選手の魅力やプレイヤー視点でのeスポーツ業界への意見を綴るブログ「清濁のるつぼ」を運用。
2. 1988年生まれ。株式会社Wekids、及び株式会社Rush Gaming代表取締役社長。英国系ソーシャルゲーム会社のPlayfishにて、日本支社立ち上げの第一号社員として参画。プロダクトマネージャー、ゲームプロデューサー、データアナリスト等を経て独立。2014年にゲーム系マーケティング会社Wekids創業、2018年にeスポーツチームマネジメント会社Rush Gaming創業。
3. 1985年生まれ。ゲーム業界/eスポーツ業界のアナリスト。カドカワ株式会社にてゲーム業界のマーケティング分析業務に従事。総務省より公表されている『eスポーツ産業に関する調査研究報告書』を執筆したことをきっかけに、eスポーツ業界の専門家としてさまざまなレポートを発表。2019年4月よりフリーランスとして活動をはじめ、eスポーツ業界に関する記事執筆、コンサルティング、イベント・コンテンツのプロデュース業務を行っている。