行動を積み重ね人生を変えよう「アイデアのつくり方」感想

こんにちは、フルタニです。放送局で番組作りをしてました。

店頭の一冊は「アイデアのつくり方」

番組作りで一番苦労するのが企画です。つまりアイデア出し。企画さえ通ればとりあえず仕事にありつくことが出来ますが、企画が通らないと人の手伝いをしながら取材を続けなくてはなりません。

アイデアを出す事に焦点を絞った名著といえば梅澤忠夫さんの「知的生産の技術」というロングセラーがありますが、こちらは外国の著作です。あいでぁをひねり出すことの大変さは洋の東西を問いませんね。

アイデアのつくり方 ジェームス・W・ヤング

いっぽう、こちらも初版が1940年というロングセラー。 アイデアとは「既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」というところが企画に悩む制作者の心に響きます。

「アイデアのつくり方」ジェームス・W・ヤング

アイデアは5つのプロセスから生まれてくるという具体的な指摘はわかりやすく。すぐにでも実践してみたくなります。

  • 資料収集
  • 資料の咀嚼
  • いったん忘れる
  • アイデアのひらめき
  • 具体化と展開

まず、資料を収集すること。ユングはこの第一段階に大きくページを割き(本編60ページのうち約10ページも)重要性を説いています。

第二段階には、集めた資料の咀嚼。手に入れた情報をトランプのカードのように断片化して、その組み合わせを何度も繰り返し関係性を考えていきます。このあたりは「メモの魔力」の読後感にも繋がります。

第三段階は、考えてきたことをいったん放り出すことです。問題を完全に放棄し自分の想像力や感情を刺激するもの心を移すことが肝心という指摘は「アウトプット大全」などでも述べられています。人間の脳の特製かもしれません。

そして第四の段階ではひらめきです。いよいよアイデアが降りてきます。

最後の段階は降りてきたアイデアを磨き上げ、成果物に繋げる作業です。

アイデア出しをテーマとした類書は数多く出されていますが、最初にこの本を開くと自分が今どの当たりにいて、何に悩んでいるかが分かります。忘れた頃、唐突にやってくるアイデアは、頭の中に仕込まれた素材が発酵するように生まれるものかもしれません。

アイデアの良し悪しは、 遺伝子までも含めてあなたのもつ すべての資質と能力できまるものだ。 しかし、ヤングがこの本で 単純明快にまとめた手法に従って
アイデアづくりに取り組めば、 あなたは自分の能力と素質のすべてを 最大限に生かせることになるだろう。 この問題の核心に触れることができるのは ヤング氏のおかげである。長年にわたって広告活動に携った結果、 適確でドラマチックなアイデアの作成が コミュニケーションを成功させる鍵だ ということを、彼は体得したのである。彼はそのことを鮮明に 私たちに理解させてくれるばかりでなく、 その目標に向かってゆく 道筋へも教示してくれている。

アイデアのつくり方 | ジェームス W.ヤング, 竹内 均, 今井 茂雄 |本 | 通販 | Amazon

週刊ダイヤモンド

2019.05.25号のランキングです。

  1. メモの魔力
  2. 東大の先生! 文系の私に超わかりやすく数学を教えてください!
  3. FACTFULNESS
  4. チーズはどこへ消えた?
  5. 超効率勉強法
  6. 頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法
  7. 嫌われる勇気
  8. ブチ抜く力
  9. 学びを結果に変えるアウトプット大全
  10. 迷路の外には何がある?